「商都松本の新春の伝統行事 松本あめ市」

江戸時代前期から1月11日に市始めの行事があり、その際に市の神様を祭っていた宮村天神(現在の深志神社)の神主が塩を売るようになり、それが「塩市」と呼ばれ、今日の「あめ市」の起源と言われています。


また、江戸時代後期からは、戦国時代に上杉謙信が敵将である武田信玄に「義塩」を送ったとされる「謙信の義塩」伝説と結びつけられ、松本の地に「義塩」が届いたと言われる1月11日を記念して開催された「塩市」が「あめ市」の起源とする説も伝えられるようになりました。

イベント大好きなので

家族で遊びに来ました。飴もしっかり買いました(^^)

むすこくんは、なぜか獅子舞を観たかったらしい…天狗に会ったけど、ぼくの会いたいのは天狗じゃない!!と不機嫌ぎみ…

スタッフさんに、獅子舞は…と聞いてまわりましたが…うーん、今日は来てないなぁ

ごめんねー(*´ー`*)

と、優しく対応していただきました。

また、いつか会えるかな。

今年、皆様にとってステキな年になりますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です